> > H&M、古着を店頭で新たなファッションアイテムに再生 スウェーデンで公開

H&M、古着を店頭で新たなファッションアイテムに再生 スウェーデンで公開

(出所:H&M)

H&Mは10月12日、衣類から衣類へのリサイクルシステム「Looop」を、スウェーデンのドロットニンガータン店(ストックホルム)で公開した。コンテナ程度の大きさの機械が、古着を新しいアイテムにリサイクルする様子を顧客が実際に見ることができる。これにより、「古着にも価値があり、決して廃棄されるべきではない」(同社)ことを、顧客に視覚的に訴求する。

「Looop」は複数の古着を分解して組み合わせ、新しい服を生み出す技術を使用している。非営利財団H&Mファウンデーション、香港繊維アパレル研究開発センター、香港を拠点とする繊維メーカーNovetex Textilesの協力により開発された。同システムがファッション小売業の店舗に設置されるのは初めてだという。

「Looop」では投入された服を洗浄し、繊維レベルへ裁断して新たな糸にする。これらを

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.