> > TCFD拡大へ「義務化の多様な在り方検討を」 TCFDサミット2020

TCFD拡大へ「義務化の多様な在り方検討を」 TCFDサミット2020

(出所:経済産業省)

経済産業省は10月15日、気候変動問題に関する企業の情報開示の枠組みであるTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言のさらなる活用に向けて、「TCFDサミット2020」をオンライン形式で10月9日に開催した結果をとりまとめ報告した。

第2回となる今回のTCFDサミットでは、先進的に取り組む世界の企業や金融機関等のリーダーがTCFD提言の新たな可能性について議論するとともに、TCFD提言を実務に定着・発展させていくために実務家によるセッションが行われた。議論の要旨はサミット総括として取りまとめた。視聴登録者数は約3200人。

「COP26に向け、地域に応じた義務化の多様な在り方検討を」

「環境と成長の好循環」を実現するため、ファイナンスの流れをイノベーションに向けるグリーン・ファイナンスの推進が

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.