> > 伊藤園、茶殻リサイクル「抗菌シール」にウイルスの減少効果を確認

伊藤園、茶殻リサイクル「抗菌シール」にウイルスの減少効果を確認

茶殻リサイクルシステム(出所:伊藤園)

伊藤園(東京都渋谷区)は、10月15日、ワンウィル(神奈川県横浜市)、サンロック工業(大阪府大阪市)と共同開発した「茶殻抗菌シール」について、インフルエンザウイルスを用いて抗ウイルス性試験を行ったところ、ウイルスの減少率が99%以上であることを確認したと発表した。

「茶殻抗菌シール」は、独自技術の「茶殻リサイクルシステム」により開発した製品。カテキンなど緑茶成分由来の抗菌効果が認められるとして、6月から、同社自動販売機の購入ボタンや取り出し口などに同シールを貼付し、「抗菌対策自販機」として全国に展開している

今回、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.