> > 農林省・経産省、林業と木質バイオマス発電の「成長産業化」に向け報告書公表

農林省・経産省、林業と木質バイオマス発電の「成長産業化」に向け報告書公表

画像はイメージです

農林水産省と経済産業省は10月16日、木質バイオマス燃料の供給元としての森林の持続可能性確保と木質バイオマス発電の発電事業としての自立化の両立に向けた方策を取りまとめた研究会の報告書を公表した。

報告書では、再生可能エネルギーとしての木質バイオマス利用の大前提となる「持続可能性」や「コスト低減」、「安定供給」に関する視点に着目。(1)早生樹・広葉樹の活用を含む森林資源の持続的活用、(2)熱利用の推進、(3)燃料の品質安定化、(4)燃料の加工・流通・利用の在り方・実態把握、(5)既存の木材利用との競合に係る懸念払拭、(6)その他―の6点について、対応の方向性と今後の取り組みについてとりまとめた。

026345-3

クリックで拡大します
(出所:林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会資料 )

6テーマで対応の方向性と今後の取り組みを提示

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.