> > 帝人、モーリシャス重油流出事故に油吸着材を無償支援 吸着量約10トン分

帝人、モーリシャス重油流出事故に油吸着材を無償支援 吸着量約10トン分

高性能油吸着材「オルソーブ」(出所:帝人)

帝人(大阪府大阪市)は10月19日、貨物船「WAKASHIO(わかしお)」がモーリシャス島沖で座礁したことにより流出した燃料油の除去作業を支援するため、油吸着材を無償支援すると発表した。

今回寄贈が決定したのは、帝人グループの帝人フロンティア(同)が展開している高性能油吸着材「オルソーブ」500kgで、油吸着量約10トン分。現地で環境回復に取り組む商船三井(東京都港区)を通じてモーリシャス共和国政府へ贈られる。

今回の取り組みについて

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.