> > 日本初、LNGバンカリング船「かぐや」が船舶へ燃料供給 海運業温暖化対策

日本初、LNGバンカリング船「かぐや」が船舶へ燃料供給 海運業温暖化対策

建造中の「SAKURA LEADER」にLNG燃料を供給する「かぐや」(写真提供:セントラルLNGマリンフューエル)

国土交通省は10月21日、LNG(液化天然ガス)燃料船へ燃料を供給するLNGバンカリング船「かぐや」が、日本初となる「Ship to Ship(STS)方式」によるLNG燃料の供給を行ったと発表した。

Ship To Ship方式(STS方式)は、岸壁・桟橋に係留中または錨泊中の船舶にバンカリング船が横付けして燃料を供給する方法をいう。今回、「かぐや」は、JERAの川越火力発電所(三重県三重郡川越町)でLNG燃料を受け入れ、新来島豊橋造船(愛知県豊橋市)の建造岸壁において、建造中のLNGを主燃料とする自動車運搬船「SAKURA LEADER」(日本郵船が運航)へLNG燃料供給を実施した。

伊勢湾・三河湾エリアがLNGバンカリング拠点に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.