ピエトロ、食品容器を「バイオプラ」に切替 25年環境配慮製品100%へ

  • 印刷
  • 共有
ピエトロドレッシング(出所:ピエトロ)
ピエトロドレッシング(出所:ピエトロ)

ドレッシング・ソースの製造販売やレストラン事業を手掛けるピエトロ(福岡県福岡市)は10月20日、自社商品の容器・包材について、環境配慮型製品への切り替えを進めることを発表した。

まず、「ドレッシング」や「おうちパスタ」で使用するボトル容器を、バイオマスプラスチックへと切り替える。凸版印刷(東京都台東区)をプロジェクト共同パートナーに、2021年末までに環境配慮型容器・包材の使用量を30%、2022年末までに80%、2025年までに100%を目標に順次切り替えていく予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報