> > 日産×ENEOS、「時間別料金」でEVの充電行動は変化する? 九州で実証

日産×ENEOS、「時間別料金」でEVの充電行動は変化する? 九州で実証

スキーム図(出所:日産自動車)

日産自動車(神奈川県横浜市)とENEOS(東京都千代田区)は10月30日、時間別料金が電気自動車(EV)ユーザーの充電行動に及ぼす影響を分析・検証する、ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業を開始すると発表した。11月2日より九州エリアにて参加者の募集を開始し、順次、実証に取り組む。

今回の実証は、九州電力送配電(福岡県福岡市)管内のうち、福岡県と長崎県で、EV「日産リーフ」所有者数百名程度を対象に実施する。参加者は自宅の電気需給契約をENEOSが提供する「ENEOSでんき」に切り替え、別途、夏季(7~9月)を除く10:00~14:00の間の電気料金が割引となるオプションプランに加入する。その上で、時間別電気料金がユーザーの充電行動に及ぼす影響を、充電データから分析・検証する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.