> > 三菱自動車、2030年までにCO2排出量40%削減・電動車比率50%へ

三菱自動車、2030年までにCO2排出量40%削減・電動車比率50%へ

クリックで拡大します
(出所:三菱自動車)

三菱自動車工業(東京都港区)は11月2日、2050年CO2排出ネットゼロ社会の実現に貢献するため、2030年までに、新車からのCO2排出量40%削減(2010年度比)と事業活動からのCO2排出量40%削減(2014年度比)、さらに電動車比率50%の達成を目指すと発表した。

同社は同日、パリ協定の締結以降の社会動向を踏まえ、30年先を見据え、環境への取り組みの方向性と目標を定めた「新環境計画パッケージ」を策定し公表した。これに基づき、プラグインハイブリッド車(PHEV)をはじめとする電動化技術など独自の強みを生かして地球環境の保全に取り組むこととしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.