三菱自動車、2030年までにCO2排出量40%削減・電動車比率50%へ

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
(出所:三菱自動車)
クリックで拡大します (出所:三菱自動車)

三菱自動車工業(東京都港区)は11月2日、2050年CO2排出ネットゼロ社会の実現に貢献するため、2030年までに、新車からのCO2排出量40%削減(2010年度比)と事業活動からのCO2排出量40%削減(2014年度比)、さらに電動車比率50%の達成を目指すと発表した。

同社は同日、パリ協定の締結以降の社会動向を踏まえ、30年先を見据え、環境への取り組みの方向性と目標を定めた「新環境計画パッケージ」を策定し公表した。これに基づき、プラグインハイブリッド車(PHEV)をはじめとする電動化技術など独自の強みを生かして地球環境の保全に取り組むこととしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報