> > 高砂熱学工業、従業員のエコ行動でポイントを付与 ブロックチェーン技術活用

高砂熱学工業、従業員のエコ行動でポイントを付与 ブロックチェーン技術活用

高砂熱学イノベーションセンター 外観図(出所:アクセル)

アクセル(東京都千代田区)は11月11日、高砂熱学工業(東京都新宿区)の「高砂熱学イノベーションセンター」(茨城県つくばみらい市)で実施する、ブロックチェーン技術を使った従業員向けのポイントサービス「高砂エコポイントシステム」の開発協力を行ったと発表した。

同システムは、従業員の各デスクに設置された個別空調機の利用状況を集計し、エコ行動に応じてポイントを付与するもの。アクセルは、スマートコントラクト上のトークンとしてポイントを実装するなど、ブロックチェーン技術を活用したシステム全体の開発に関わった。獲得したポイントは、センター内にあるカフェレストランでの利用等が計画されている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.