> > イオン×ウェザーニューズ 気象情報を活用、防災に関する連携協定を締結

イオン×ウェザーニューズ 気象情報を活用、防災に関する連携協定を締結

画像はイメージです

イオン(千葉県千葉市)とウェザーニューズ(同)は11月13日、激甚化する気象災害に備える目的で「気象情報を活用した防災に関する連携協定」を締結した。ウェザーニューズからイオンへ提供される気象情報を活用し、災害対策本部の運営・判断に関する支援、激甚化する災害に対するレジリエンスを強化する。また、中長期的には両社で環境変化への適応についても検討する。

具体的には、イオンは、ウェザーニューズから提供される気象情報を活用し、利用者や従業員の安全を守り、店舗の被害を最小限に抑えるための対策を行う。また、イオンの販売データとウェザーニューズの気象データを連携することで、商品調達・物流機能を確保し、災害時でも利用者が食料品や防災関連品が購入できる環境を目指す実証実験を進めるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 46 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.