> > 自動運転の超小型モビリティ、浜松市の公道で実証実験を開始へ マクニカ

自動運転の超小型モビリティ、浜松市の公道で実証実験を開始へ マクニカ

macniCAR-01(出所:マクニカ)

マクニカ(神奈川県横浜市)は11月17日、パーセプティン(本社・香港)と共同で、自動運転の超小型モビリティ「macniCAR-01」による公道での実証実験を行うと発表した。11月21日~11月24日の4日間、静岡県浜松市天⻯区⽔窪町で、地元住民を対象に同モビリティの試乗を行い利用者から意見を収集する。

実証実験では、マクニカ、パーセプティン、タジマEV(東京都板橋区)の3社で開発した「macniCAR01」を使用。⾃動運転のEVを使⽤した近距離移動のための低速のタクシーサービス「マイクロ・ロボットタクシー Mopi」による運行を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.