> > みん電、再エネで地方と都市を結ぶ支援サービス開始 23年度20事例目指す

みん電、再エネで地方と都市を結ぶ支援サービス開始 23年度20事例目指す

「みんなコネクション」 イメージ(出所:みんな電力)

みんな電力(東京都世田谷区)は11月19日、ブロックチェーン技術を用いて、自然豊かな地方の再生可能エネルギーでつくった電力を、消費電力量が多い都市圏に供給することで、再エネを通じた地域連携を生み出すサービス「みんなコネクション」を同日から開始すると発表した。また、地域連携支援サービスについて、2023年度までに全国で20事例の実績を目指す目標を掲げた。

このサービスの特徴として、同社は(1)再エネを通じた自治体連携協定のコーディネート、(2)ブロックチェーン技術を活用した電力トラッキングシステムを用いた電源指定サービス、(3)電気をきっかけとした地域交流の企画提案―の3つをあげる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.