> > NEDO、「カーボンリサイクル」に適したCO2分離回収・発電技術開発へ

NEDO、「カーボンリサイクル」に適したCO2分離回収・発電技術開発へ

この事業で研究開発するポリジェネレーションシステムのイメージ(出所:NEDO)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月20日、カーボンリサイクルに適した、発電とCO2分離・回収プロセスを一体化したシステムの研究開発に着手すると発表した。この事業により、CO2分離・回収コストを現状の4,000円程度/t―CO2から1,000円台まで低減する発電技術の確立を目指し、カーボンリサイクル技術の実用化に貢献する考え。

今回、2件のテーマを採択した。発電システムに燃料をガス化するプロセスを統合し、CO2の分離・回収までを一体化することでエネルギー効率を向上させ、CO2の分離・回収コストの低減に取り組む。また、バイオマスや廃棄物(廃プラスチックなど)、石炭を燃料として利用し、水素や化学品といった有価物を併産するポリジェネレーションシステムの構築にも取り組む。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.