> > リコー、植物由来の発泡PLAシートを開発 緩衝・梱包材からトレイまで対応

リコー、植物由来の発泡PLAシートを開発 緩衝・梱包材からトレイまで対応

「しなやかさと強さ」を両立したという発泡PLAシート(出所:リコー)

リコー(東京都大田区)は11月25日、植物由来のポリ乳酸(PLA)を活用した新素材「PLAiR(プレアー)」の市場開発を開始した。「しなやかで強い」という特徴を持つ発泡PLAシートとして、同素材のサンプル出荷を順次開始し、市場開発を進めていく構え。

独自のCO2微細発泡技術で、しなやかで強い発泡PLA シートを実現

発泡PLAシートは、石油由来の樹脂と比べ、加工面において従来の一般的な発泡方法では PLAの特性上ほとんど発泡しないという課題があったという。同社は、これまでの研究開発で培ってきた技術と経験から、加工プロセスに超臨界CO2を利用し、混練工程でPLA中にフィ ラー(発泡核剤)を均一に分散させ、そのフィラーを核に発泡させることで、数十ミクロン単位の均一な気泡を作成することに成功した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.