三菱重工、豪州でグリーン水素・アンモニア事業に参画 日本への輸出も視野

  • 印刷
  • 共有

三菱重工業(東京都千代田区)は11月26日、豪州 南オーストラリア州で、再生可能エネルギー由来電力を活用してグリーン水素・アンモニアを製造する事業の開発に参画すると発表した。豪州で同開発を行う事業会社Hydrogen Utility(H2U)社のホールディング会社(持株会社)である「H2U Investments」へ出資し、同社の事業検討に参画することで合意した。

H2U社は、最初のプロジェクトとして、同州南西部のエアー半島において、洋上風力や太陽光といった再生可能エネルギー由来電力を活用した水電解による水素製造プラントと、そこで生成した水素を活用したアンモニア製造プラントの建設、水素ガスタービンの実証を行うプロジェクトを計画しており、2022年末のグリーン水素・アンモニア生産開始を見込んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報