> > オリックス自動車とオリックス銀行、本社ビルを再エネ100%電力に切り替え

オリックス自動車とオリックス銀行、本社ビルを再エネ100%電力に切り替え

オリックス乾ビル(出所:オリックス)

オリックス自動車(東京都港区)とオリックス銀行(同)は11月27日、両社が入居する本社ビル(オリックス乾ビル・同)で使用するすべての電力を100%再生可能エネルギー由来の電力に切り替えたと発表した。

両社は、本社事務所内で使用する電力の全量を、非化石証書付き再生可能エネルギー由来の電力へ切り替えることで、本社の実質再エネ化を実現した。具体的には、オリックスグループが運営する木質バイオマス専焼発電所の再エネ価値を証書化した「トラッキング付非化石証書」を活用した電力を、電力小売り事業者としてのオリックスから供給を受けるというもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 55 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.