古河電工、家畜ふん尿由来のバイオガスを「LPガス」に変換

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

古河電気工業(東京都千代田区)は12月2日、北海道大学(北海道札幌市)との共同研究で、家畜のふん尿から得られるバイオガスを原料に、貯蔵・輸送が容易なLPガスへ変換する技術を開発したと発表した。

2023年までに小型試験機による実証、2025年までにフィールド実証試験を行い、2030年の実用化に向けて取り組んでいく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事