> > ソフトバンク、緑地のCO2吸収量をリアルタイムで可視化 環境経営を支援

ソフトバンク、緑地のCO2吸収量をリアルタイムで可視化 環境経営を支援

「YKKセンターパーク」/実証実験のために設置した「e-kakashi」

ソフトバンク(東京都港区)は12月14日、農業AIブレーン「e-kakashi(イーカカシ)」のCO2吸収量推定システムを活用した実証実験を、YKK(東京都千代田区)と共同で開始したと発表した。緑地におけるCO2の吸収量をリアルタイムに可視化することで、企業の環境経営支援を目指す。

実証実験は、YKKが富山県黒部市で整備を進める「YKKセンターパーク」で、2020年11月から2021年3月末まで実施する予定だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.