> > 国交省、「グリーン住宅ポイント」創設 新築最大40万円分・移住等で上乗せ

国交省、「グリーン住宅ポイント」創設 新築最大40万円分・移住等で上乗せ

国土交通省は12月15日、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事と交換可能なポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」を創設すると発表した。12月15日から2021年10月31日までに契約を締結した、一定の住宅の新築(持家・賃貸)・リフォーム、既存住宅の購入が対象となる。

12月15日に閣議決定した2021年度第3次補正予算案に同制度を盛り込んだ。この措置は、今後の国会で予算が成立することが前提となる。

新築は最大40万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントを付与する。新築では、東京23区内へ通勤する者が東京圏からの移住するための住宅や、災害リスクが高い区域からの移住するための住宅など特例の要件を満たす場合、付与するポイントを最大100万円相当に引上げる。

空き家バンクに登録された住宅など、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.