> > 経産省など、低炭素化に向けた「移行」への資金供給円滑化へ 検討会を設置

経産省など、低炭素化に向けた「移行」への資金供給円滑化へ 検討会を設置

画像はイメージです

経産省は12月25日、金融庁、環境省とともに、トランジション・ファイナンス環境整備検討会(座長・伊藤邦雄 一橋大学CFO教育センター長)を設置し、国際原則を踏まえたトランジション・ファイナンスの基本指針を策定する方針を明らかにした。1月27日に第1回検討会を開催。来春、基本指針を公表する予定。

また、2021年度には、トランジション・ボンド、ローン等による資金調達のモデル事例を募集し、好事例を創出するとともに、第三者評価機関によるレビュー費用への一部補助も行う計画だ。2021年度政府予算案に関連予算を計上した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.