> > 大成建設ら、床厚半分の「ワイヤレス給電床」を開発 25年度の商用化目指す

大成建設ら、床厚半分の「ワイヤレス給電床」を開発 25年度の商用化目指す

従来品と開発品の施工方法比較(出所:大成建設)

大成建設(東京都新宿区)、豊橋技術科学大学(愛知県豊橋市)、大日本印刷(DNP/東京都新宿区P)は1月4日、汎用小型車両(ビークル)やロボットに対してワイヤレスで給電できる内装床「T-iPower Floor」を開発したと発表した。

同製品は大成建設とDNPが共同開発した薄型樹脂パネルで構築され、従来型の給電床と同等の性能がありながら床厚を半減できるため、敷設に伴う工期短縮と工事費削減が可能だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.