> > デンソー、EVの電気を災害時に活用へ 「V2H‐充放電器」を本社に設置

デンソー、EVの電気を災害時に活用へ 「V2H‐充放電器」を本社に設置

本社に設置されたV2H-充放電器(出所:デンソー)

デンソー(愛知県刈谷市)は1月7日、デンソー本社で、同社製「V2H-充放電器」の稼働を開始したと発表した。通常時には来客用の電動車の充電器として使用し、災害時には帰宅困難者の待機場所で非常用電源として活用する予定。

同社試算によると、車種により異なるが蓄電容量50kWhのEV2台満充電時には、スマートフォン500台(1日2回充電した場合)と一部照明の使用が約3日間可能となり、停電時でも必要な電気を確保することができるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.