> > サッポロ、ワインボトルを再生PET100%に CO2削減へ軽量びん採用も

サッポロ、ワインボトルを再生PET100%に CO2削減へ軽量びん採用も

(出所:サッポロビール)

サッポロビール(東京都渋谷区)は1月7日、一部ワイン製品に使用している720mlペットボトルを、再生PET樹脂を100%使用した素材へ変更することを発表した。同社国内製造ワインペットボトル製品のうち4割程度が対象になる想定で、年間CO2排出量約44トン(従来比約20%)の削減を見込んでいる。

「ポリフェノール/有機酸でおいしさアップシリーズ」「うれしいワインシリーズ」などの製品が対象で、2021年3月以降製造予定分より変更する。商品ラベルには同社独自の「再生PET樹脂使用」マークを表示し、今後その他の国内製造ワインペットボトルについても循環型社会に対応する容器包装素材への変更の検討を進めている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.