> > 長谷工、独自開発の環境配慮型コンクリートを横浜の新築マンションに初採用

長谷工、独自開発の環境配慮型コンクリートを横浜の新築マンションに初採用

(左)H‐BAコンクリートが採用された中庭の回廊、(右)「ルネ横浜戸塚」の外観予想パース
(出所:長谷工コーポレーション)

長谷工コーポレーション(東京都港区)は1月12日、独自開発の環境配慮型コンクリート「H-BAコンクリート(特許出願中)」を建築物へ初採用したことを発表した。同コンクリートは、横浜市の新築マンション「ルネ横浜戸塚」の一部に採用した。

H-BAコンクリートは、普通ポルトランドセメントと高炉セメントB種を混合使用して製造し、コンクリート材料に由来する二酸化炭素の排出量を約8.2%~18.5%削減する環境配慮型コンクリート。また、普通コンクリートのように一般的に使用されるコンクリート(一般のコンクリート)と同等の品質を有するといい、日本建築総合試験所の建築技術性能証明(GBRC性能証明 第17-21号)を取得している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.