京セラなど、木質バイオマス発電の「自己託送」で実証 鹿児島の公共施設間で

  • 印刷
  • 共有
公共施設間の自己託送に関する実証実験の概念図(出所:京セラ)
公共施設間の自己託送に関する実証実験の概念図(出所:京セラ)

鹿児島県肝属郡錦江町と京セラ(京都府京都市)、新電力のおおすみ半島スマートエネルギー(錦江町)は1月15日、国内初となる木質バイオマス発電の再生可能エネルギーを活用した、公共施設間の自己託送に関する実証実験の共同研究を開始すると発表した。

錦江町は、農業のエネルギーコスト削減や、豊富な森林資源などを生かした再生可能エネルギーの導入に向け、錦江町エネルギーマスタープランを策定している。共同研究では、同プランの実現に向けた第1歩として、公共施設と、木質バイオマス発電施設で構築したマイクログリッドの余剰電力を、別の公共施設に送電(自己託送)する実証実験を2021年10月より1年間行う予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事