> > 野村不動産HD、初のサステナビリティボンド発行へ 総額100億円

野村不動産HD、初のサステナビリティボンド発行へ 総額100億円

画像はイメージです

野村不動産ホールディングス(東京都新宿区)は1月19日、同社として初めて「サステナビリティボンド(同社債)」の発行の決定したと発表した。発行時期は2月以降を予定しており、総額は100億円。

調達した資金は、環境・社会の課題解決に貢献する適格事業に関する支出・投資の新規ファイナンス・リファイナンスに充当する。具体的には、同社の展開するPMO(ピーエムオー)、 H¹T (エイチワンティー)、 OUKAS(オウカス)に要した資金のリファイナンスを目的とした同社子会社への投融資資金に充てる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.