大阪ガス、新型SOECの試作に成功 「メタネーション」技術の実現のカギに

  • 印刷
  • 共有
(出所:大阪ガス)
(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は1月25日、CO2と水素から都市ガスの主成分であるメタンを合成する「メタネーション」技術の実現のキーとなる、新型SOECの実用サイズセルの試作に国内で初めて成功したと発表した。

SOEC(Solid Oxide Electrolysis Cell)は固体酸化物を用いた電気分解素子で、水蒸気やCO2を高温で電気分解するもの。同社のエネルギー技術研究所(大阪市此花区酉島)は、CO2と再生可能エネルギーから高いエネルギー変換効率でメタンを合成できる可能性がある革新的なメタネーション「SOECメタネーション」技術の基礎研究に取り組んできた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報