> > 古着がバイオジェット燃料に JAL、国内定期便で初フライトへ

古着がバイオジェット燃料に JAL、国内定期便で初フライトへ

当日使用予定の機材 ボーイング787-8型機(出所:日本航空)

日本航空(JAL/東京都品川区)は日本で初めて、回収した衣料品(綿)から製造した国産バイオジェット燃料を搭載したフライトを、2月4日に実施する。搭載便は、東京/羽田発福岡行JL319便、定刻13時00分発のボーイング787-8型機の予定。

将来の国産バイオジェット燃料の実用化に向けた取り組みのひとつ。回収した衣料品の綿から、Green Earth Institute、日本環境設計、地球環境産業技術研究機構をはじめとする複数の国内企業の協力のもと、国産技術のみで日本初の国産バイオジェット燃料を製造した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.