> > 北陸最大規模、71MWの太陽光発電所を取得 SMFLみらいパートナーズ

北陸最大規模、71MWの太陽光発電所を取得 SMFLみらいパートナーズ

石川沢川太陽光発電所(出所:SMFLみらいパートナーズ)

三井住友ファイナンス&リース(東京都千代田区)の100%子会社SMFLみらいパートナーズ(同)は1月29日、First Solar社(米国)の日本法人First・Solar・Japan(ファースト・ソーラー/同)が開発・建設し、所有していた、北陸地区最大規模の稼働済み太陽光発電所の取得を発表した。

同発電所は、石川県と富山県にまたがるゴルフ場建設計画が中止された遊休地約163haを再開発したもの。発電所名は「石川沢川太陽光発電所」、発電容量は71MW、年間発電量は約7,710万kWh(一般家庭の約2万3,000世帯分の年間電力消費量に相当)。2018年12月に運転を開始した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.