> > 帝人、水素燃料電池の販売を開始 英メーカーと代理店契約

帝人、水素燃料電池の販売を開始 英メーカーと代理店契約

IE社の水素燃料電池(出所:帝人)

帝人(大阪府大阪市)は2月1日、英国の燃料電池メーカーIntelligent Energy Limited(IE社/英国ラフバラー市)と、日本における販売代理契約を締結し、水素燃料電池の販売を開始すると発表した。今後、同電池の採用に向けて実証実験を行っている日本フイルコン(東京都稲城市)をはじめ、情報通信業や建設業、製造業などに販売を進め、2030年度までに売上10億円の達成を目指す。

帝人は今回の契約締結を機に、CO2排出量削減などの環境負荷低減に向けて水素燃料電池の普及を進め、長期ビジョンである「未来の社会を支える会社」を目指すとともに、SDGsの目標達成に貢献する考え。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.