> > 川崎汽船、「サステナビリティ」「温室効果ガス削減」推進へ2部署設立

川崎汽船、「サステナビリティ」「温室効果ガス削減」推進へ2部署設立

2021年春竣工予定のLNG燃料焚き自動車船。重油燃料よりCO2排出を25~30%抑えられる(出所:川崎汽船)

川崎汽船(東京都千代田区)は2月3日、サステナビリティ経営強化に向けて新たな部署を設立することを発表した。4月1日付で、サステナビリティ推進を担う部署と、温室効果ガス(GHG)削減戦略を推進する部署の2つを設立する。

同社は創業以来、海運を中核とする物流企業として国際的な社会インフラを担ってきた。サステナビリティ経営を推進し、説明責任を含めたステークホルダーとのコミュニケーションを促進するため、「サステナビリティ推進・IR・広報グループ」を立ち上げる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.