> > 銚子市、ゼロカーボンシティを表明 銚子電力・Looopと再エネ地産地消

銚子市、ゼロカーボンシティを表明 銚子電力・Looopと再エネ地産地消

共同記者会見のようす

銚子市は2月16日、2050年までにCO2排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ銚子」を表明した。洋上風力発電を活かしたまちづくりを進めるとともに、銚子電力(千葉県銚子市)、Looop(東京都台東区)との三者連携のもと、官民協働による再生可能エネルギーの導入促進・地産地消などを図る。

三者連携の取り組みとして、まずは2021年4月から、市立「銚子西中学校」(3校を統合、2021年度に開校)に対し、市内の陸上風力発電所「銚子ウィンドファーム」(運営:コスモエコパワー)で発電された再生可能エネルギー由来の電力と非化石証書を組み合わせた、CO2排出係数ゼロの電力を供給する。

027355-002

(出所:Looop)

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.