> > 日本郵船、44MWの風力発電設備を稼働 ベルギー・完成車ターミナルで

日本郵船、44MWの風力発電設備を稼働 ベルギー・完成車ターミナルで

完成車ターミナル内に設置された風力発電タービン(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は2月15日、ベルギーの子会社International Car Operators(ICO社)が保有・運営するベルギー・ゼーブリュージュ港の完成車ターミナルに設置している風力発電タービン全11基が、2月5日に稼働を開始したと発表した。同国フランダース地方で最大の陸上風力発電プロジェクトだという。

発電容量は合計44MWでターミナル内での年間電力需要を100%賄えることとなり、さらには一部余剰電力の売電も予定している。今後は、ゼーブリュージュ港で培われる知見を活かして、日本郵船が世界各地で運営する完成車ターミナルへの横展開も視野に入れていく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.