> > 三井E&Sマシナリー、ハイブリッド型コンテナ用ヤードクレーンの新商品発売

三井E&Sマシナリー、ハイブリッド型コンテナ用ヤードクレーンの新商品発売

画像はハイブリッド・トランステーナ(出所:三井E&Sマシナリー)

三井E&Sマシナリー(東京都中央区)は2月15日、将来の排出ガスゼロに対応可能なコンテナ用ヤードクレーン「NZE(Near Zero Emission)トランステーナ(R)」の販売を開始した。

同クレーンは、従来のハイブリッド・トランステーナ(R)から蓄電池の容量を大幅に増加するとともに、ディーゼル発電機セットを小型化。これにより、燃費が従来比で20~30%向上し、それに伴い二酸化炭素排出量の削減も可能となった。さらに、小型エンジンの採用によりメンテナンスコストの削減、窒素化合物(NOx)、黒鉛粒子状物質(PM)の排出量の削減も見込まれるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.