> > 日本気象協会、TCFD提言への賛同を表明 気象事業者では国内初

日本気象協会、TCFD提言への賛同を表明 気象事業者では国内初

画像はイメージです

一般財団法人日本気象協会(東京都豊島区)は、金融安定理事会により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース」(TCFD)の提言へ賛同を表明した。国内では342社の企業がTCFD提言に賛同(2021年2月8日現在)しているが、気象事業者の賛同表明は国内初だという。

日本気象協会はこれまでも、国や地方自治体、企業などに対し、気候変動の影響予測、気候変動緩和策・適応策に関する調査・研究支援を実施してきた。また、最近の異常気象による災害は地域や企業活動にも大きな影響を与えており、国や地方自治体などの事業にも協力しながら、災害の抑止や企業のBCP支援にも取り組んでいる。

今後、気候変動関連のリスクと機会について情報開示を行う企業の支援を積極的に行うことで、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 32 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.