> > ミシュラン、初のタイヤリサイクルプラント建設に着手 年3万tを再資源化

ミシュラン、初のタイヤリサイクルプラント建設に着手 年3万tを再資源化

ミシュランとエンバイロの共同開発技術で使用済みタイヤが良質な原材料に再生されるイメージ図(出所:ミシュラン)

仏ミシュランの日本法人・日本ミシュランタイヤ(東京都新宿区)は2月19日、ミシュランが同社初のタイヤリサイクルプラントを建設すると発表した。エンバイロ社(スウェーデン)との合弁事業で、建設場所は南米チリのアントファガスタ地域。2021年着工、2023年に生産開始予定で、投資額は3,000万ドル以上を見込む。

エンバイロは、使用済みタイヤからカーボンブラック、熱分解油、ガス、スチールを回収する特許技術を保有している。同プラントで年間3万トンのアースムーバー用(ブルドーザー、パワーショベルなど)タイヤをリサイクルできる見込み。これは、チリで毎年廃棄される同タイヤの約60%に相当するという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.