ルノーに小型商用車向け「水素貯蔵システム」供給 仏フォルシア

  • 印刷
  • 共有

自動車部品メーカーの仏フォルシアとルノーグループは2月19日(フランス)、小型水素商用車向けの水素貯蔵システム分野で提携すると発表した。2021年末より、フォルシアはルノーグループに、小型商用車向けに初の水素貯蔵システムの供給を開始する。

このシステムは、フランスのバヴァンに開設されたフォルシアの水素貯蔵技術グローバルセンターで開発・製造を行う。供給量の増大に伴い、フォルシアがフランス・アレンジョワに建設中の自社水素貯蔵システム専用新工場でも増産を拡大していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報