> > 関電、2050年「ゼロカーボン」を宣言 需要側・供給側・水素を柱に推進

関電、2050年「ゼロカーボン」を宣言 需要側・供給側・水素を柱に推進

クリックで拡大します
(出所:関西電力)

関西電力(大阪府大阪市)グループは2月26日、「ゼロカーボンビジョン2050」を策定・公表し、発電事業をはじめとする事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとすると宣言した。

目標実現に向けた取り組みの柱として、「デマンドサイド(需要側)のゼロカーボン化」、「サプライサイド(供給側)のゼロカーボン化」、「水素社会への挑戦」の3つをあげた。

また、同ビジョンでは「関西電力グループが考える2050年のエネルギーシステム」を提示。脱炭素化・分散化・デジタル化と電化が劇的に進展し、デマンドサイドのエネルギー利用は「電気」と「水素」に集約されていくとともに、エネルギーシステムは分散化・多様化すると示した。さらにデマンドサイドのエネルギー供給はゼロカーボン化させる一方で、エネルギー利用者自身がエネルギー供給も行うなどデマンドサイドの役割が拡大するとみている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.