関電、2050年「ゼロカーボン」を宣言 需要側・供給側・水素を柱に推進

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
(出所:関西電力)
クリックで拡大します (出所:関西電力)

関西電力(大阪府大阪市)グループは2月26日、「ゼロカーボンビジョン2050」を策定・公表し、発電事業をはじめとする事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとすると宣言した。

目標実現に向けた取り組みの柱として、「デマンドサイド(需要側)のゼロカーボン化」、「サプライサイド(供給側)のゼロカーボン化」、「水素社会への挑戦」の3つをあげた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報