東京ガスなど15社、「カーボンニュートラルLNG」普及へ連携

  • 印刷
  • 共有
設立会見のようす
設立会見のようす

東京ガスや東芝、いすゞ自動車など15社は3月9日、CO2クレジットでカーボン・オフセットし、燃焼させてもCO2が発生しないとみなす「カーボンニュートラルLNG(CNL)」の普及拡大とその利用価値向上を図るため、業界団体を設立した。

今回設立した団体「CNLバイヤーズアライアンス」では、CNLを調達・供給する東京ガスと購入する各社が一丸となり、2050年の「カーボンニュートラル社会の実現」に貢献することを目指し、CNLを世の中に広く認知させるとともに、投資機関による評価向上や国内各種制度における位置づけの確立に向けて取り組みを推進していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報