> > エプソングループ、23年までに再エネ100% 国内は21年に実現へ

エプソングループ、23年までに再エネ100% 国内は21年に実現へ

建屋の屋上を活用した太陽光発電システム(タイの製造拠点)(出所:セイコーエプソン)

セイコーエプソン(長野県諏訪市)は3月16日、全世界のエプソングループ拠点において使用する電力を、2023年には100%再生可能エネルギーとすることを決定したと発表した。また、製造業で他社に先駆けて、日本国内すべての拠点において100%再エネ化を2021年に実現する目標も掲げた。

気候変動対策を企業リスクの一つとして捉え、グローバルにビジネスを展開する中でより大きな役割を果たすため、環境の先進企業として達成時期を大きく前倒しした今回の方針策定に至ったという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.