> > 新電力「F-Power」が破綻 負債464億円、新電力では過去最大

新電力「F-Power」が破綻 負債464億円、新電力では過去最大

F-Powerが入居するビル(出所:帝国データバンク)

新電力事業者のF-Power(東京都港区)は、3月24日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同日、保全管理命令と強制執行等に係る包括的禁止命令を受けた。申請時の負債は債権者約315名に対し約464億円。事業に対して複数のスポンサー候補が支援について検討しており、今後、保全管理人のもとでスポンサー選定手続きが進められる予定。

なお、帝国データバンクによると、新電力会社の大型倒産では日本ロジテック協同組合(東京都中央区、2016年4月破産、負債約162億8200万円)を上回り過去最大。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.