> > 経産省、太陽電池を支える架台・基礎・地盤に関する技術基準を制定

経産省、太陽電池を支える架台・基礎・地盤に関する技術基準を制定

クリックで拡大します
(出所:経産省)

経済産業省は4月1日、太陽電池モジュールを支持する架台と基礎、地盤に関する技術基準を定めた新たな技術基準「発電用太陽電池設備に関する技術基準を定める省令」を制定し施行した。また、省令で定める技術的内容をできるだけ具体的に示した「発電用太陽電池設備の技術基準の解釈」も制定した。

同省令では、太陽電池発電所を設置するに当たっては、人体に危害を及ぼし、物件に損傷を与えるおそれがないように施設することを規定するほか、公害の発生や土砂流出等の防止を規定するとともに、太陽電池モジュールを支持する工作物(架台と基礎)の構造等について、各種荷重に対して安定であることや使用する材料の品質など、満たすべき技術的要件を規定している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.