> > 住宅・建築物分野のカーボンニュートラル、実現に向けた検討会を発足

住宅・建築物分野のカーボンニュートラル、実現に向けた検討会を発足

画像はイメージです

経済産業省、国土交通省、環境省は、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた、住宅・建築物における省エネ対策等のあり方について検討するため、有識者や実務者等から構成する検討会を立ち上げ、第1回検討会を4月19日に開催する。4月2日、検討会の概要と委員を公表した。

この検討会は、中期的には2030年、長期的には2050年を見据えて、バックキャスティングの考え方により、脱炭素社会の実現に向けた住宅・建築物におけるハード・ソフト両面の取組と施策の立案の方向性を関係者に幅広く議論してもらうことを目的として、3省が連携して設置する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.