> > EY Japan、グリーン電力調達を開始 テナント向けサービス活用

EY Japan、グリーン電力調達を開始 テナント向けサービス活用

画像はイメージです

EY Japan(東京都千代田区)は4月1日、東京ミッドタウン日比谷オフィスにおける使用電力の一部にグリーン電力の導入を開始すると発表した。「2025年のCO2排出実質ゼロ」の実現に向けた取り組みの一環で、2021年度中に同オフィスで調達するグリーン電力量は41万kWhになる見込み。

従来、「オフィスビルの入居者がグリーン電力を調達することは難しい課題だった」(同社)という。今回、同社は三井不動産社が提供する「卒FIT住宅用太陽光発電等の環境価値を活用したテナント向けグリーン電力適用サービス」を利用。グリーン電力発電設備由来の「トラッキング付き非化石証書」による環境価値の付与されたグリーン電力を使用する予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.