> > 日立が「CO2算定支援サービス」を開始 企業の脱炭素経営を支援

日立が「CO2算定支援サービス」を開始 企業の脱炭素経営を支援

クリックで拡大します
(出所:日立製作所)

日立製作所(東京都千代田区)は4月6日、環境情報管理「EcoAssist-Enterprise(エコアシスト・エンタープライズ)」の新メニューとして、日立コンサルティング(東京都千代田区)との連携によるESG (環境・社会・ガバナンス)投資指標の向上を目的とした「CO2算定支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、ESG投資指標として活用されるCDP回答やSBT認証取得など、非財務情報の開示を支援するシステムとコンサルティングサービスが一体となった、温室効果ガス排出量の算定支援サービス。いままで大きな労力と時間を要していた、各種データの収集・集計からサプライチェーン排出量算定、CDP回答書の作成やSBT取得支援までを日立グループにより効率的にワンストップで提供する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.