> > 建設業界初 清水建設、サステナビリティ・リンク・ローンで資金調達

建設業界初 清水建設、サステナビリティ・リンク・ローンで資金調達

清水建設 本社ビル(出所:清水建設)

清水建設(東京都中央区)とみずほ銀行(東京都千代田区)、農林中央金庫(東京都千代田区)などは3月31日、シンジケーション方式のサステナビリティ・リンク・ローンについて、極度額を200億円とするコミットメントラインを設定した。サステナビリティ・リンク・ローンを活用した資金調達は建設業界では初。

サステナビリティ・リンク・ローンとは、金利条件等の貸付条件と借り手のCSR戦略に対するパフォーマンス評価が連動した、持続可能な経済活動と成長を推進するローン形態。同コミットメントラインは、急な資金需要に備えて設定するもので、みずほ銀行がシンジケーションを組成した。資金使途 は運転資金、契約期間は3年間。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.