> > パンパース、紙おむつの「店頭回収」を開始 神戸のスーパー・保育園で

パンパース、紙おむつの「店頭回収」を開始 神戸のスーパー・保育園で

おむつ回収ボックス 左:大サイズ(1100L)右: 小サイズ(360L)(出所:P&Gジャパン)

P&Gジャパン(P&G/兵庫県神戸市)の紙おむつブランド「パンパース」は、4月中旬から9月末までの約6か月間、全国で初めて、消費者が店舗等で参加できる「おむつ回収プロジェクト」を実施する。

将来的な循環型経済の実現に向け、使用済み紙おむつを分別・回収するときに、日本の消費者がどのような習慣、行動、認識の傾向を持つかを理解することが目的。回収対象は、乳幼児用紙おむつ、大人用紙おむつなど、種類やブランドを問わず全ての紙おむつ。また、おしりふきシートも一緒に回収可能。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.