> > 鹿島、生分解性・耐候性を持つ「粉じん飛散防止材」を開発

鹿島、生分解性・耐候性を持つ「粉じん飛散防止材」を開発

(出所:鹿島)

鹿島(東京都港区)は4月8日、生分解性と耐候性を持ち、工事現場周辺環境への影響を低減させる粉じん飛散防止材「MAKマクフォーマー(R).20」を開発したと発表した。

同社によると、同材料は、生分解性と水生生物に対する安全性、さらには紫外線や降雨、強風などへの耐候性も備えており、現場周辺環境への影響を低減できるという。また、散布直後から粉じん飛散防止効果が発現、散布翌日には土壌被膜が形成され、その効果は5カ月以上持続するとしている。今回、同材料を東京外環自動車道市川中工事に適用し、その有効性を確認した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.