> > マルイのカード、廃プラ由来素材に切り替え DNPは7月めどに量産体制構築

マルイのカード、廃プラ由来素材に切り替え DNPは7月めどに量産体制構築

リサイクルプラスチック材を使用した「みんな電力 エポスカード」(出所:エポスカード)

丸井グループのクレジットカード事業会社・エポスカード(東京都中野区)は4月15日から、環境への配慮を強化し、自社で発行するクレジットカード「エポスカード」の素材を、廃棄プラスチックを使用したリサイクル素材へ切り替える。

リサイクル素材への切り替えにより、従来のカードと比べ、1枚あたり最大約9.8gのCO2削減につながると試算。今後、自社で発行するすべてのエポスカードをリサイクル素材へ切り替えた場合、5年間で最大約90トンのCO2削減効果が見込まれるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.